記事の詳細

イタリア語で「ヴェネツィアの工房」を意味し、1966年に創業したボッテガヴェネタ(Bottega Veneta)。エルメスでも活躍したデザイナーのトーマス・マイヤーの加入も理由となって、世界中に愛用者を獲得しているブランドです。

このような世界的なニーズもあるため、国内中古市場でも注目されており、売買が盛んに行われています。

現在は中古買取のシステムもシンプルになっていますので、手元にボッテガヴェネタのアイテムがあれば、まずは査定に出してみることをおすすめします。

ここでは、ボッテガヴェネタの高額買取のためのポイントなどを紹介していきます。

売れ筋アイテム

光沢のある皮革を編み込んでいく手法であるイントレチャート。

この手法によって作られた長財布は中古市場でも、やはり人気のアイテムの一つになっています。

またこの手法では、裏地にスエード素材が用いられることも多く、この点が重厚な雰囲気を演出するのに成功しています。この点も、人気の理由の一つとして挙げられるでしょう。

皮革製品の特徴の一つに、使用すればするほど深みのある色合いになることが挙げられます。

ある程度の使用期間を経た後でも、皮革製品が十分に市場のニーズに応えられるものになることに繋がり、ボッテガヴェネタの中古皮革製品が、高額で買取される理由にもなっています。

また同様にイントレチャートで作られたストラップやブレスレットも人気があります。
財布やバッグに比べて、比較的安価に購入できることが多くの需要を生む理由となっているようです。

男性もので売れ筋なのがレザーブリーフケースです。上記のものと同様に、イントレチャート仕様で作られた上に、留め具に大きく特徴的な金具を付けることでアクセントとなって、他のアイテムとは異なった魅力を放っています。

査定価格の相場

イントレチャートで作られたアイテムは、やはり高額で取引される傾向があります。

また売れ筋のバッグ関係は、いくつかのハンドバッグ、トートバッグでも色によっても価格は変わってくるようです。

下に参考価格を示しますので、買取に出す際には頭に入れて依頼するのが良いでしょう。

・カバpm トートバッグ オレンジ:11万円
・マルコポーロ トートバッグ ブラック:45,000円
・モナコ ハンドバッグ オレンジ:8万円
・ローマン ハンドバッグ ブラック:6万円
・カンパーナ ショルダーバッグ ブラウン:4万円
・イントレッチオミラージュ トートバッグ:3万円
・イントレッチオリュージョン トートバッグ ピンク:28,000円
・ラウンド長財布 ブラウン:25,000円
・カードケース ブラウン:15,000円
・キーリング ブルー:7,000円
・ウォレットチェーン:5,000円


査定に出す際の注意点

革の表面に注意

ボッテガヴェネタでは女性用のアイテムにはラムの革が主に使用されています。
対して、男性用のものにはカーフ(子牛)が主に使用されています。

ラム革は柔らかさや軽さといった点が特徴になっている反面、耐久性に難があると言われています。
対してカーフ革は耐久性に優れているとされています。

ただ両者に共通して言えることは、革の表面に傷がつきやすいということです。

革製品は、革自体の素材感や質感がそのアイテムの商品価値に直結していますので、これにダメージを負ってしまうと途端に価値が下がることもあり得ます。

使用時にはこういった点に気をつけておくと良いでしょう。

AACD加盟の業者を選ぶ

AACDとは、一般社団法人日本流通自主管理協会のことで、「並行輸入品市場での、“偽造品”や“不正商品”の流通防止と排除を目指して、1998年4月に発足した民間団体です。」と定義されています。

この協会に加盟している買取業者であれば、より確かな良識をもった業者であることが証明されます。買取業者の中には不正な取引をする業者も少なからずいますので、このような業者との取引を回避するには、AACD加盟であることを確認するのが良いでしょう。

抑えておきたいポイント

並行輸入にはないモデルを買取に出す

ボッテガヴェネタにはアウトレット品や並行輸入で国内に入ってくるモデルもあります。これらは正規品に比較すると安価に購入できるようになっているので、そのぶん中古市場でも低めの価格帯になりがちです。

買取に出すものは、正規販売でしか入手できないようなモデルを選ぶと、高額買取が期待できるでしょう。

価格交渉の際には事前に売りたいモデルの相場を調べておく

自分の売りたいものを買取に依頼する前に、インターネットのオークションサイト(ヤフオク、楽天など)で価格帯(相場)を調べておくことで、金額交渉がしやすくなります。

どの業者ではいくらで出ていた、などと提示された査定金額よりも高額な例を出せば、金額を見直してくれることにも繋がります。

また自分の売りたいものが売り切れになっているモデルであれば、それだけ需要があり、また供給量が少ないと言えるので、この点も有利に交渉を進める上でポイントになるでしょう。

できるだけ高く売るには

革製品のモデルを多数発表しているボッテガヴェネタですが、人気のイントレチャートの他にも、茶と黒の生地を合わせた「マルコ・ポーロシリーズ」の「ポインテッド・ヒール」など、注目を集め、需要の高いものもあります。

思わぬ高額が出ることもありますので、まずは査定に出してみることをおすすめします。

以下にボッテガヴェネタ(Bottega Veneta)の査定に力を入れている宅配買取サービスを紹介しています。
全て無料で利用できるショップばかりですので、査定に出す際の参考にしてみて下さいね。

宅配買取
送料無料
利用料無料

取扱ブランドは6000点以上!他店で取扱のないメーカー品も査定OK

利用者数150万人を突破!適正価格が評価されリピーター続出中

利用料は完全無料。キャンセルや返送料も全て0円

コーチをはじめヴィトンやGUCCI、エルメスなどハイブランドの高額買い取り

ハイブランド以外にプチプラ・カジュアルブランドの取扱もあり

申し込みから振込まで最短3日。業界で最速、すぐに現金化したい方にもおすすめ

汚れや傷のある品物もOK!石が取れたリングや切れたネックレス、ボタンが取れた服など、他店で断られたものも取り扱い可

対応エリア 全国
振込までの時間 最短3日
利用料 完全無料
取扱品目 ブランド品全般、時計、洋服、毛皮、時計、貴金属、宝石、金、プラチナ、サングラス、ファッション小物(帽子やサングラスなど)


買取プレミアム
宅配買取
送料無料
利用料無料

ブランド品の買取実績、業界NO.1

箱など付属品がない、型崩れしている、傷・使用感のあるバッグや財布も積極的に買い取り!

エルメスのバーキン・ケリーの査定には特に注力中

流行遅れの品物で他店で断られてしまったものでも高額が期待できる

宅配サービスの他に出張での査定にも対応中。女性査定員の指名もOK

ブランド品の他、切手・古銭・着物・骨董品・毛皮・お酒・金券も買取可

クーリングオフにも対応

対応エリア 全国
振込までの時間 最短3日
利用料 完全無料
取扱品目 ブランド品全般、時計、毛皮、切手、古銭、着物、宝石類、金券、お酒


宅配買取
送料無料
利用料無料

ハイブランドを中心に査定。エルメスバーキン・ケリーは特に注力!

ブランドバッグ、財布、時計、貴金属ジュエリーの他、洋服やお酒、金券、印紙も取り扱い

テレビ番組で紹介されてい以来、利用者数が急増しリピーターも続出

宅配サービスの他、外出が難しい方のための出張査定も実施中

エルメスの他、シャネル、ヴィトン、ロレックスの強化キャンペーン実施中

同じ品物でも他店より数万円高い査定額を付けてもらえたとの口コミも多い

対応エリア 全国
振込までの時間 最短3~5日
利用料 完全無料
取扱品目 ブランド品全般、洋服、時計、アクセサリー、靴


宅配買取
送料無料
利用料無料

クロエの他、対象ブランドを含む査定で金額20%UPのキャンペーン実施中!

10年以上の経験を持つプロの査定員が確かな目で品物を評価してくれる

自社の通販サイト(ベクトル)を運営しており販売ルートが確立されているため、より高値で売れる

バッグのシミ、靴底の減り、すそ上げしたパンツ、シワのある洋服も取り扱いOK!

年間150万点以上の買取実績あり。

査定の際にはできるだけ、まとめてたくさんの品を送るのが高額取り引きのコツ!まとめ売りで査定額UP

対応エリア 全国
振込までの時間 最短3~5日
利用料 完全無料
取扱品目 ブランド品全般、洋服、時計、アクセサリー、靴


宅配買取
送料無料
利用料無料

貴金属・ブランドバッグ・財布・時計などブランド品全般の高額査定をモットーに運営

年間40万件を超える豊富な実績あり。他店よりも高値を目指して査定

一例として、ヴィトンのネヴァーフルMMなら10万5千円程度で買い取り可

宅配サービスのみならず、実店舗を構えるリサイクル専門店ならではの査定力

専門の鑑定士が市場動向を見据えた上で確かな見積もり

送料や利用料は無料(但し、買取不成立の場合の返送料のみ自己負担となる)

申し込みエリア 全国
振込までの時間 最短即日
利用料 無料(キャンセル時の返送料のみ自己負担)
取扱品目 ブランドバッグ、財布、ジュエリー、貴金属、時計


口コミを投稿する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

コメントは利用できません。

お問い合わせ

当サイトへのお問い合わせは
こちらからお願いいたします。

ブログ

ページ上部へ戻る