記事の詳細

ブランド腕時計の代名詞であるロレックス(ROLEX)。
世界中の著名人が愛用しており、また100を超えるスポーツチームや芸術団体などのスポンサーとなっています。

まさにステータスシンボルとなっているブランドですので、新商品への需要はもちろん、中古市場でも大きな需要を常に持ちます。

手元に使用していないロレックスがあれば、まずは査定に出してみましょう。想像以上に高額な買取になるかもしれません。

ここでは、ロレックスを高額買取にするためのポイントや、そのための注意点などを紹介していきます。

売れ筋商品

中古市場でも人気となっているのはデイトナとサブマリーナ、エクスプローラで、ロレックスの3大人気モデルとも言われています。
これらはいずれもスポーツモデルで、あまり年齢層も問わずに使用できることもあり、常に多くの需要を持っています。

特にデイトナはキング・オブ・ロレックスと言われ、ロレックスの中でも唯一のクロノグラフタイプということもあり、他の2モデルと比較しても人気の高さを誇っています。

サブマリーナは世界初のダイバーウオッチです。また赤サブや軍サブ、Wネームなどのタイプがリファレンスとしてあり、希少価値の高さからコレクターにも人気のモデルになっています。

またロレックスにはプレミア価格のつくものが複数あります。主に1970年代より前に製造されたものがプレミアムモデルとなっているようです。

例えばRef.16520というモデルは、製造は終了していますが、A番というモデルは160万円、P番になると240万円もの高額がつくようになっています。

またRef.1016も100万円以上で取引されるケースがあります。

査定価格の相場

付属品の有無、ブレス調整の有無、製造年などで価格が大きく変動するロレックスですが、相場がないわけではありません。

下に参考の買取価格を示しますので、買取に出す際にはチェックしてみてください。

・デイトナ16528:150万
・デイトナ116528G:240万
・サブマリーナ16613SG:75万
・サブマリーナデイト グリーンベゼル116610LV:94万
・サブマリーナデイト 黒ベゼル&文字盤116613LN:107万
・デイトジャスト:19173G:33万
・エクスプローラI 214270:57万
・エクスプローラII 黒文字盤216570:64万
・GMTマスターII  116710LN:74万
・GMTマスターII  116710BLNR:94万
・GMTマスターII  116713:100万


高価・高額買い取りのためのポイント

販売力の強く、販売量の多い買取業者に依頼する

多くの販路を持ち、多く売却できている買取業者は、それだけ買取の意欲が高いと言えます。

買取業者としては、販売力が強ければ、中間在庫を持つ必要がないので、高額査定にも繋がりやすく、また早めに売買成約に至ろうとします。

高額でスピーディな買取になるこのような業者に依頼することをお勧めします。

自社でオーバーホールできる買取業者に依頼

腕時計に付きものの修理がオーバーホール。

使用していればそれぞれの部品は消耗が進み、また埃が溜まりやすく、部分的にサビも出てきます。定期的に行うことも必要ですが、特に再販売する時にはマストになります。

これを外注している場合には、そのコストを差し引いた買取価格になるかもしれませんが、自社工房を持っている場合には、そのコストを抑えることができ、買取価格に影響はありません。

下取り

買取業者の中では、下取りを行なっているところもあります。

当然、そうでない場合に比べれば、買取価格は高額になりますので、そういう業者に依頼するのが良いでしょう。

中には下取りキャンペーンをしている場合もあり、5~10%程度、高額買取になる時もあります。

シリアル番号がランダム品番のもの

ロレックスにはシリアル番号が6時の方向に刻印されています。

2010年以前は一定の法則に則っていましたが、2010年以降はランダムに刻印されるようになりました。

したがって、ランダムなものであれば、比較的製造年が新しいものと判断できるので、高額買取に繋がることになります。

タグを添付

ロレックスの付属品の一つであるタグ。

クロノメーターであることを証明するのが赤タグと呼ばれるもので、文字通り赤色で、封蝋を擬似的に表現しています。2015年に保証期間の改正が行われる以前まで使用されていました。

2015年以降は緑色のグリーンタグと呼ばれるものが出てきて、値札として使用されています。

単なるタグではなく意匠を凝らしてありますので、これを気にするコレクターもいるほどです。買取時には添付することでプラス査定に繋がります。

並行輸入の場合

正規品と比べれば値段が落ちることもありますが、並行輸入のものでも高額買取も少なからず行われているようです。

特に保護シールが付いている場合や、自分の腕に合うようにブレス調整していないものであれば、特に高額になる可能性が高まります。

ギャランティーカードの日付

ロレックスにはギャランティーカードが購入時に付いてきますので、買取に出す場合にも、もちろん付けた方が高額になりやすいです。

その時、ギャランティーの日付が1ヶ月以内のものは特に高値になりやすくなります。
1ヶ月以上のものでも日付が浅いものは査定額UPに繋がりやすいので、手元にある場合はチェックしてみましょう。

海外販路を持つ買取業者へ依頼

ロレックスは、国内はもちろん、海外でも中古市場の需要は高くなっています。

需要がある割には、供給量の少ない国もあり、東南アジアや中国、韓国でも供給不足の傾向があるようです。

このような国で店舗を持つなどの販路がある買取業者は、多くの商品を仕入れようとするので、値下げを要求してこない傾向があります。高価格で引き取ってもらえる業者と言えるので、ホームページなどで確認してみてください。

できるだけ高く売るには

単にブランドの持つ価値だけでなく、世界中にコレクターを持ち、中古になっても下落率の低いロレックス。

資産価値としても、ロレックスを担保に融資を受けることも可能なほど、ブランドの中でもひときわ高いステータスを持ちます。
高額査定を狙うのならば、上記の内容を参考にして行ってみるのが良いでしょう。

以下にロレックス(ROLEX)の査定に力を入れている宅配買取サービスを紹介しています。
全て無料で利用できるショップばかりですので、査定に出す際の参考にしてみて下さいね。

宅配買取
送料無料
利用料無料

取扱ブランドは6000点以上!他店で取扱のないメーカー品も査定OK

利用者数150万人を突破!適正価格が評価されリピーター続出中

利用料は完全無料。キャンセルや返送料も全て0円

コーチをはじめヴィトンやGUCCI、エルメスなどハイブランドの高額買い取り

ハイブランド以外にプチプラ・カジュアルブランドの取扱もあり

申し込みから振込まで最短3日。業界で最速、すぐに現金化したい方にもおすすめ

汚れや傷のある品物もOK!石が取れたリングや切れたネックレス、ボタンが取れた服など、他店で断られたものも取り扱い可

対応エリア 全国
振込までの時間 最短3日
利用料 完全無料
取扱品目 ブランド品全般、時計、洋服、毛皮、時計、貴金属、宝石、金、プラチナ、サングラス、ファッション小物(帽子やサングラスなど)


宅配買取
送料無料
利用料無料

ハイブランドを中心に査定。エルメスバーキン・ケリーは特に注力!

ブランドバッグ、財布、時計、貴金属ジュエリーの他、洋服やお酒、金券、印紙も取り扱い

テレビ番組で紹介されてい以来、利用者数が急増しリピーターも続出

宅配サービスの他、外出が難しい方のための出張査定も実施中

エルメスの他、シャネル、ヴィトン、ロレックスの強化キャンペーン実施中

同じ品物でも他店より数万円高い査定額を付けてもらえたとの口コミも多い

対応エリア 全国
振込までの時間 最短3~5日
利用料 完全無料
取扱品目 ブランド品全般、洋服、時計、アクセサリー、靴


宅配買取
送料無料
利用料無料

ロレックスの他、対象ブランドを含む査定で金額20%UPのキャンペーン実施中!

10年以上の経験を持つプロの査定員が確かな目で品物を評価してくれる

自社の通販サイト(ベクトル)を運営しており販売ルートが確立されているため、より高値で売れる

バッグのシミ、靴底の減り、すそ上げしたパンツ、シワのある洋服も取り扱いOK!

年間150万点以上の買取実績あり。

査定の際にはできるだけ、まとめてたくさんの品を送るのが高額取り引きのコツ!まとめ売りで査定額UP

対応エリア 全国
振込までの時間 最短3~5日
利用料 完全無料
取扱品目 ブランド品全般、洋服、時計、アクセサリー、靴


宅配買取
送料無料
利用料無料

貴金属・ブランドバッグ・財布・時計などブランド品全般の高額査定をモットーに運営

年間40万件を超える豊富な実績あり。他店よりも高値を目指して査定

一例として、ヴィトンのネヴァーフルMMなら10万5千円程度で買い取り可

宅配サービスのみならず、実店舗を構えるリサイクル専門店ならではの査定力

専門の鑑定士が市場動向を見据えた上で確かな見積もり

送料や利用料は無料(但し、買取不成立の場合の返送料のみ自己負担となる)

申し込みエリア 全国
振込までの時間 最短即日
利用料 無料(キャンセル時の返送料のみ自己負担)
取扱品目 ブランドバッグ、財布、ジュエリー、貴金属、時計


口コミを投稿する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

コメントは利用できません。

お問い合わせ

当サイトへのお問い合わせは
こちらからお願いいたします。

ブログ

ページ上部へ戻る