記事の詳細

ハンドバッグで有名なアンドレアマビアーニ(ANDREA MABIANI)。

落ち着いた色使いとシンプルなシルエットで高い年齢層にも人気のあるブランドですので、高額買取のチャンスも充分にあります。

どのようにすればより高価買取に結びつくのか、紹介していきましょう。

ブランドの特徴

イタリアのブランドで、主にハンドバッグのモデルを発表しています。

ファッションファンからの注目ポイントは、素材です。

確かに多くのモデルがシルエットもシンプルで色使いもシックなものが多いですが、それでも人気があるのは、その素材の良さになっています。

買取に出す際には埃や汚れを取るのはもちろん、専用のレザークリームを塗って出品することが、より素材の良さを際立たせることになり、高評価に繋がります。

特にハンドバッグの場合には、持ち手の部分が傷みやすくなります。
普段から使う時には、スカーフを巻くなどのケアをしてあげると、買取時には大きなプラスになります。

実際に売った方の口コミ

もう発売からかなり時間が経っていて買取は難しいと思っていても、高額査定のチャンスは残っています。
ネット上では、以下のような口コミも掲載されています。

きれいに使って、保管にも気をつけていたけれど、もう古いモデルになってしまっていたので、買取は無理か、相当に安値になるだろうと思っていたのですが、意外にもちゃんとした値段で買い取ってくれました。
保管状態が良かったことと人気モデルであったことが理由のようです。



自分で判断しないで、査定に出してみたのが高額買取に繋がった例です。

査定や買取の手続きが面倒と感じて、使っていないアイテムがあっても、そのままにされている方もいると思います。

ただ現在は買取サービスも多様化し、よりスピーディかつ簡単にできるようになっていて、下のような感想も聞かれます。

買取に出すには店舗を探して、そこまで持って行ったり、買った日やモデルの型番などもきちんと伝える必要があったり、面倒と思っていました。

でもネットで調べてみると、宅配キットを送ってもらったり、出張査定を受けられたり、それに特別に自分で調べなくても買取側で専門スタッフがアイテムの詳細を調べてくれるみたいで、とても手間がかからずに買取依頼できました。



今では様々なサービスがありますので、自分にあった方法で買取依頼することが可能です。

買取に出す相手も重要です。
きちんと商品価値を判断できる人がいなければ、高額買取は期待できません。

セレクトショップやリサイクルショップに持って行ったこともありますけど、どこのブランド、デザイン性なんていうことはほぼ関係なく、女性向けか男性向けか、若い人向けかシニア向けか、といったことだけで値段がつけられていました。

でも専門スタッフのいる買取業者に持って行ったら、一品一品鑑定してもらい、リサイクルショップとは比べものにならないくらいの高値をつけてもらいました。



量販店で買った品物ならいいでしょうが、正規のブランド品であれば、やはり専門スタッフのいるところで買取に出さないと、高値で売ることは難しいでしょう。

売れ筋アイテム

アンティークなスタイルとスクエアータイプのシルエットで人気を博しているのがリボンバッグ。

バッグの前面に大きくつけられたリボンによって、シックな雰囲気の中にも愛らしさが加わっていて、女性にはかなりポイントが高くなっています。

多少古くなったモデルでも、このような人気のものであれば高額買取が期待できます。
きちんと手入れしておけば想像以上の高値になることもありますので、日頃の手入れには気をつけたいものです。

査定価格の相場

・レザーハンドバック アイボリー:13,000円
・レザートートバッグ ブラウン:18,000円
・レザーハンドバッグ ゴールドタッセル:15,000円
・レザートートバッグ リボン ブラウン:21,000円
・レザークラッチバッグ パイソン:8,000円


ここに挙げたのはほんの一例ですが、やはり流通している多くはハンドバッグになっています。
それだけ需要も高いということですから、手元にあれば査定に出してみるのがいいかも知れません。

買い取りに出す際の注意点

偽造品はNG

人気ブランドには多くの偽物が出回っています。
やはりアンドレアマビアーニにも当てはまります。

当然、そういったものは買取不可になるので、不安がある場合は事前に買取店側に確認してみましょう。
電話でも出来ますし、ラインやチャットを使っても簡易査定してくれます。

修理に出す

レザー製品はやはり素材の良さが命です。
使用感が目立つと買取価格も大幅に下がる可能性もあります。
そのような場合には、自分でお金を払ってでも修理業者に出すことも一つの手段です。

というのも、使用感のあるものなどは、買取業者の方でも売る前には必ず修理しますが、その分の費用は買取価格から差し引かれてしまいます。

自分で修理業者に出した方が安くなる場合があるので、特に気になる箇所があれば、自分で手配するのがいいかも知れません。

できるだけ高く売るには

高額買取を目指すのであれば、リボンタイプなど人気モデルを売る、日頃から手入れしておく、傷みがひどければ修理に出す、といった方法が考えられます。

何度か買取に出すことを経験すれば、要領もわかってきて、自分でも高額査定のコツが掴めてくるでしょう。

手元に使用していないブランドアイテムがあれば、クローゼットにしまい込んでおくのではなく、積極的に買い取りサービスを利用してみましょう。

以下にアンドレアマビアーニ(ANDREA MABIANI)の査定に力を入れている宅配買取サービスを紹介しています。
全て無料で利用できるショップばかりですので、査定に出す際の参考にしてみて下さいね。

宅配買取
送料無料
利用料無料

取扱ブランドは6000点以上!他店で取扱のないメーカー品も査定OK

利用者数150万人を突破!適正価格が評価されリピーター続出中

利用料は完全無料。キャンセルや返送料も全て0円

コーチをはじめヴィトンやGUCCI、エルメスなどハイブランドの高額買い取り

ハイブランド以外にプチプラ・カジュアルブランドの取扱もあり

申し込みから振込まで最短3日。業界で最速、すぐに現金化したい方にもおすすめ

汚れや傷のある品物もOK!石が取れたリングや切れたネックレス、ボタンが取れた服など、他店で断られたものも取り扱い可

対応エリア 全国
振込までの時間 最短3日
利用料 完全無料
取扱品目 ブランド品全般、時計、洋服、毛皮、時計、貴金属、宝石、金、プラチナ、サングラス、ファッション小物(帽子やサングラスなど)


買取プレミアム
宅配買取
送料無料
利用料無料

ブランド品の買取実績、業界NO.1

箱など付属品がない、型崩れしている、傷・使用感のあるバッグや財布も積極的に買い取り!

エルメスのバーキン・ケリーの査定には特に注力中

流行遅れの品物で他店で断られてしまったものでも高額が期待できる

宅配サービスの他に出張での査定にも対応中。女性査定員の指名もOK

ブランド品の他、切手・古銭・着物・骨董品・毛皮・お酒・金券も買取可

クーリングオフにも対応

対応エリア 全国
振込までの時間 最短3日
利用料 完全無料
取扱品目 ブランド品全般、時計、毛皮、切手、古銭、着物、宝石類、金券、お酒


宅配買取
送料無料
利用料無料

ハイブランドを中心に査定。エルメスバーキン・ケリーは特に注力!

ブランドバッグ、財布、時計、貴金属ジュエリーの他、洋服やお酒、金券、印紙も取り扱い

テレビ番組で紹介されてい以来、利用者数が急増しリピーターも続出

宅配サービスの他、外出が難しい方のための出張査定も実施中

エルメスの他、シャネル、ヴィトン、ロレックスの強化キャンペーン実施中

同じ品物でも他店より数万円高い査定額を付けてもらえたとの口コミも多い

対応エリア 全国
振込までの時間 最短3~5日
利用料 完全無料
取扱品目 ブランド品全般、洋服、時計、アクセサリー、靴


宅配買取
送料無料
利用料無料

クロエの他、対象ブランドを含む査定で金額20%UPのキャンペーン実施中!

10年以上の経験を持つプロの査定員が確かな目で品物を評価してくれる

自社の通販サイト(ベクトル)を運営しており販売ルートが確立されているため、より高値で売れる

バッグのシミ、靴底の減り、すそ上げしたパンツ、シワのある洋服も取り扱いOK!

年間150万点以上の買取実績あり。

査定の際にはできるだけ、まとめてたくさんの品を送るのが高額取り引きのコツ!まとめ売りで査定額UP

対応エリア 全国
振込までの時間 最短3~5日
利用料 完全無料
取扱品目 ブランド品全般、洋服、時計、アクセサリー、靴


宅配買取
送料無料
利用料無料

貴金属・ブランドバッグ・財布・時計などブランド品全般の高額査定をモットーに運営

年間40万件を超える豊富な実績あり。他店よりも高値を目指して査定

一例として、ヴィトンのネヴァーフルMMなら10万5千円程度で買い取り可

宅配サービスのみならず、実店舗を構えるリサイクル専門店ならではの査定力

専門の鑑定士が市場動向を見据えた上で確かな見積もり

送料や利用料は無料(但し、買取不成立の場合の返送料のみ自己負担となる)

申し込みエリア 全国
振込までの時間 最短即日
利用料 無料(キャンセル時の返送料のみ自己負担)
取扱品目 ブランドバッグ、財布、ジュエリー、貴金属、時計


口コミを投稿する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

コメントは利用できません。

お問い合わせ

当サイトへのお問い合わせは
こちらからお願いいたします。

ブログ

ページ上部へ戻る